コスメ試してみました

自分で試したコスメの情報を口コミします。

健康な歯と美白を同時に育む「口内環境改善エイジングケア」をオーラパールで。

風邪には「ジキニン」で知られている、製薬会社「全薬工業」が長年の研究により開発した通販限定、薬用歯磨き粉「薬用オーラパール」を試してみました。

         薬用ハミガキ ハイドロキシアパタイト

私は、歯肉炎になり易いので、歯肉炎予防の歯磨きを使って、毎日10分以上かけて隅々まで磨いています。

でも歯の黄ばみは取れ無いので、差し歯と自分の歯との色の違いが目立って来て、着色汚れを取るという歯磨きを使ったりもしましたが、そうすると歯茎が疼いてきちゃうんですよぉ。

歯茎の健康を取るか着色汚れを取るか・・・・どちらかって言ったら、やっぱり歯茎が疼くのは嫌ですからね。
歯の色は我慢していました。

でもこの『薬用オーラパール』は、歯の黄ばみも歯周病も口臭までも面倒を見てくれるっていうので購入したんです。

やっぱり歯の色が汚いと、とっても不潔に見えちゃいますからね。

歯の色が変色する理由は色々ありますが、主に・・・・
食べた物の汚れ
カフェインやタバコなどの着色
歯の表面のエナメル質に出来た傷   があげられます。

最初の2つは良く知っていて、丁寧に歯磨きしたり歯磨き剤を選んで対処できますよね。

でもエナメル質に出来た傷って言うのは、知りませんでした。

傷が出来る原因には、力を入れて硬い歯ブラシでゴシゴシ磨いたり、果物などの酸を含んだ物を食べることによって、エナメル質が溶ける・・・などもあります。

この歯の傷を治す『審美歯科』というものもありますが、自宅でもケアができるんですよぉ。


エナメル質の97%はハイドロキシアパタイトという成分で構成されています。
ハイドロキシアパタイトを、汚れや着色成分を除去した歯に毎日与える事によってミクロサイズの傷を修復することが可能なんです。

『薬用オーラパール』には、ハイドロキシアパタイトが配合されてます。

エナメル質の修復をするには、ハイドロキシアパタイトを与える前に、しっかりと汚れを落としておかなければなりません。
『薬用オーラパール』は、汚れを落とす効果もしっかりあります。


『薬用オーラパール』の主な配合成分
①薬用ハイドロキシアパタイト
  歯の再石灰化を促進
②塩化ナトリウム
  歯茎を引き締め、出血を抑える。
③マクロゴール400
  汚れを溶解し黄ばみを除去する
④イソプロピルメチルフェノール
  殺菌成分
  歯肉炎の原因になる菌を殺菌する。
⑤グルチルリチンサン
  抗炎症・抗アレルギー作用で、歯肉炎を予防する
⑥多孔質ゼオライト
  汚れを吸着し、歯石の沈着を防ぎ、虫歯を予防する。
⑦塩化リゾチーム
  止血・消炎・溶菌作用があり、歯周病を予防する。
⑧εーアミノカプロン酸
  抗炎症作用
⑨塩化セチルピリジウム
  歯肉炎の原因になる菌を殺菌

これら9つの有効成分が、歯を白く健康な状態に導きます。


こう書いて来ると、味は薬みたいな感じかなぁって思いませんか。
私が以前使った薬用ハミガキの中には、まるで切り傷などにつける軟膏のような味の物がありました。

今回も恐る恐る口に入れてみましたよ。

  ハイドロキシアパタイト

冊子には、微かな塩味って書いてありましたが、普段から塩味のある歯磨きを使ってる私には、全く塩っぽさは感じませんでした。

優しくほのかにフルーティーな香りって言うのか味って言うのかがしました。
なんか子供用の歯磨きみたいって思いましたね。
でも甘みは無いですよ。

発泡感もあまり強くは無かったので、ゆっくりじっくりと磨く事ができました。

塩っ気がありミントでスースーする歯磨きを使い慣れてる私には、歯磨き後のさっぱり感は物足りなかったですね。
でも歯はツルツルになりましたよ。
そして、歯磨き後のさっぱり感が時間が経っても続いていました。

ずーと喋らないで口を閉じていた後って、なんか口の中が変な感じや口臭がするような感じだったんだけど、そう言うことも無くなりましたねぇ。


ちょっと炎症を起こしていた歯茎は、歯磨き剤が沁みる事も無く「そう言えば痛くないわぁ」って感じにまでなってます。

この歯磨きと一緒に、こんな物が入ってました。

  ハイドロキシアパタイト⑤

『薬用オーラパール』を使い始める前の自分の歯の色の所にチェックを入れておいて、数日後にまた比べて見てどれくらい白くなってるかを実感するためのプレートです。

どれだけ左側に寄れるか判らないけど、続けて行く励みになりますね。(^^)
  

そうそう
お得情報を書き忘れていました。(^^;)

定期購入をすると、初回には電動歯ブラシが貰えちゃいます。
電動歯ブラシもらっても、替えのブラシって自分で買うと意外と高いですよね。

それが、2回目からは替えブラシ2個も届くんですよぉ。
定期購入の間隔が2か月おきで、商品と一緒に替えブラシも届くなんて、嬉しいですよねぇ~。

    








スポンサーサイト

PageTop

健康な歯と美白を同時に育む「口内環境改善エイジングケア」をオーラパールで。

風邪には「ジキニン」で知られている、製薬会社「全薬工業」が長年の研究により開発した通販限定、薬用歯磨き粉「薬用オーラパール」を試してみました。

         薬用ハミガキ ハイドロキシアパタイト

私は、歯肉炎になり易いので、歯肉炎予防の歯磨きを使って、毎日10分以上かけて隅々まで磨いています。

でも歯の黄ばみは取れ無いので、差し歯と自分の歯との色の違いが目立って来て、着色汚れを取るという歯磨きを使ったりもしましたが、そうすると歯茎が疼いてきちゃうんですよぉ。

歯茎の健康を取るか着色汚れを取るか・・・・どちらかって言ったら、やっぱり歯茎が疼くのは嫌ですからね。
歯の色は我慢していました。

でもこの『薬用オーラパール』は、歯の黄ばみも歯周病も口臭までも面倒を見てくれるっていうので購入したんです。

やっぱり歯の色が汚いと、とっても不潔に見えちゃいますからね。

歯の色が変色する理由は色々ありますが、主に・・・・
食べた物の汚れ
カフェインやタバコなどの着色
歯の表面のエナメル質に出来た傷   があげられます。

最初の2つは良く知っていて、丁寧に歯磨きしたり歯磨き剤を選んで対処できますよね。

でもエナメル質に出来た傷って言うのは、知りませんでした。

傷が出来る原因には、力を入れて硬い歯ブラシでゴシゴシ磨いたり、果物などの酸を含んだ物を食べることによって、エナメル質が溶ける・・・などもあります。

この歯の傷を治す『審美歯科』というものもありますが、自宅でもケアができるんですよぉ。


エナメル質の97%はハイドロキシアパタイトという成分で構成されています。
ハイドロキシアパタイトを、汚れや着色成分を除去した歯に毎日与える事によってミクロサイズの傷を修復することが可能なんです。

『薬用オーラパール』には、ハイドロキシアパタイトが配合されてます。

エナメル質の修復をするには、ハイドロキシアパタイトを与える前に、しっかりと汚れを落としておかなければなりません。
『薬用オーラパール』は、汚れを落とす効果もしっかりあります。


『薬用オーラパール』の主な配合成分
①薬用ハイドロキシアパタイト
  歯の再石灰化を促進
②塩化ナトリウム
  歯茎を引き締め、出血を抑える。
③マクロゴール400
  汚れを溶解し黄ばみを除去する
④イソプロピルメチルフェノール
  殺菌成分
  歯肉炎の原因になる菌を殺菌する。
⑤グルチルリチンサン
  抗炎症・抗アレルギー作用で、歯肉炎を予防する
⑥多孔質ゼオライト
  汚れを吸着し、歯石の沈着を防ぎ、虫歯を予防する。
⑦塩化リゾチーム
  止血・消炎・溶菌作用があり、歯周病を予防する。
⑧εーアミノカプロン酸
  抗炎症作用
⑨塩化セチルピリジウム
  歯肉炎の原因になる菌を殺菌

これら9つの有効成分が、歯を白く健康な状態に導きます。


こう書いて来ると、味は薬みたいな感じかなぁって思いませんか。
私が以前使った薬用ハミガキの中には、まるで切り傷などにつける軟膏のような味の物がありました。

今回も恐る恐る口に入れてみましたよ。

  ハイドロキシアパタイト

冊子には、微かな塩味って書いてありましたが、普段から塩味のある歯磨きを使ってる私には、全く塩っぽさは感じませんでした。

優しくほのかにフルーティーな香りって言うのか味って言うのかがしました。
なんか子供用の歯磨きみたいって思いましたね。
でも甘みは無いですよ。

発泡感もあまり強くは無かったので、ゆっくりじっくりと磨く事ができました。

塩っ気がありミントでスースーする歯磨きを使い慣れてる私には、歯磨き後のさっぱり感は物足りなかったですね。
でも歯はツルツルになりましたよ。
そして、歯磨き後のさっぱり感が時間が経っても続いていました。

ずーと喋らないで口を閉じていた後って、なんか口の中が変な感じや口臭がするような感じだったんだけど、そう言うことも無くなりましたねぇ。


ちょっと炎症を起こしていた歯茎は、歯磨き剤が沁みる事も無く「そう言えば痛くないわぁ」って感じにまでなってます。

この歯磨きと一緒に、こんな物が入ってました。

  ハイドロキシアパタイト⑤

『薬用オーラパール』を使い始める前の自分の歯の色の所にチェックを入れておいて、数日後にまた比べて見てどれくらい白くなってるかを実感するためのプレートです。

どれだけ左側に寄れるか判らないけど、続けて行く励みになりますね。(^^)
  

そうそう
お得情報を書き忘れていました。(^^;)

定期購入をすると、初回には電動歯ブラシが貰えちゃいます。
電動歯ブラシもらっても、替えのブラシって自分で買うと意外と高いですよね。

それが、2回目からは替えブラシ2個も届くんですよぉ。
定期購入の間隔が2か月おきで、商品と一緒に替えブラシも届くなんて、嬉しいですよねぇ~。

    








PageTop

気になる口臭・ネバネバ予防に!なた豆ですっきり【なた豆塩はみがき】


いま注目の『なた豆』を使った歯みがきです。

虫歯を防ぎ歯垢を除去する一般的な歯磨き剤の役割にプラスして、 歯を白くする働きがある成分も含んでて、口臭を防ぎ口の中のネバネバも防ぐという、優れものの歯磨き剤なんです。

なた豆塩はみがきプラス

株式会社お茶村様 よりご提供



なた豆って今注目されててご存知の方も多いかと思いますが、こんな大きな豆の鞘をしてます。

なた豆塩はみがきプラス②



『なた豆塩はみがきプラス』につかわれてるなた豆は、九州の熊本県で有機栽培された『白なた豆』を使用しています。


なた豆の注目成分は『カナバニン』です。
なた豆類にのみ存在すると言われてる有用成分です。
排膿作用・抗炎症作用・血行促進作用などがあると言われています。



『なた豆塩はみがきプラス』には、名前にあるように塩が含まれています。
その塩は、ブルターニュ産の海塩です。
塩は歯茎を引き締めます。
国産の一般的な塩と違って、まろやかな味わいでピリピリした刺激も少ないので、塩の入った歯磨きが苦手な方にも使えると思います。



なた豆だけでも優れ物なのに、更に5種類の天然成分も配合されています。

茶エキス
抗菌作用があります。
お茶の産地にある学校では、給食の後のお茶で口を漱いで虫歯予防をしてるそうです。
カテキンの力が、口内のネバネバに作用して解消します。

クマザサ
『緑の血液』と呼ばれ、クマザサエキスの働きで血流をよくすることにより、歯周病の予防に役立つと言われています。

ドクダミ
漢方でも知られてるドクダミは、多くの種類のフラボノイドが含まれています。
炎症を抑える効果があります。
ドクダミに含まれるルチンには、血管を丈夫にする働きがあります。
健康的な口内環境を作る手助けをするのです。

ラクトフェリン
強力な抗菌活性を持つことが知られています。
細菌の増殖を抑制する力が強いのです。
なので、口内の清潔を維持します。

プロポリス
消毒抗炎作用があって、古代ローマでは「天然の抗生物質」と言われていたそうです。
ビタミンやミネラルも豊富で、口内の健康維持に有用な働きを持っています。




なた豆塩はみがきプラス③


歯ブラシに出してみると、いつも使ってる物より粘度があるように感じました。


私は『なた豆』初体験でした。
なた豆茶とか気にはなってたのですが、豆が嫌いな私は豆って名前が付いてるだけで敬遠していたからです。( *´艸`)
ニオイを嗅いで見ても、豆のニオイはしませんでした。
なた豆が良い事はわかってるのですが・・・・恐る恐る口に入れてみました。


磨いてみると、ふわ~とほのかな香りはするのですが、それが豆のニオイなのか何のニオイなのかは判別できませんでした。
いつも使ってる歯磨きとは、明らかに違いますけどね。^^;

『塩』って言っても、しょっぱいほどの味はしませんでした。
ミントのような、強いスースー感もありませんでした。
発泡剤を使って無いので、磨いてても口の中がいっぱいになって来ちゃう事が無く、ゆっくり時間をかけて丁寧に磨く事ができました。


へ~~~って思ったのは、磨き終わった後のことです。

普段使ってる歯磨き剤は、磨き終わった後によ~くブクブクと口をすすいでも、口の中に味が残っててちょっと甘めな味が後を引いて、サッパリ感が少ないんですよね。

それが『なた豆塩はみがきプラス』は、口の中に残る感じが全然無くて・・・・・例えが悪いかも知れ無いけど、ボディーソープで体を洗った後では無くて、固形石鹸で洗った後のようなサッパリ感  なんですよ。

それは時間が経っても変わりませんでした。
ず~とサッパリしていました。

私は歯茎が腫れやすくて、歯茎に良い歯磨き剤を使ってるので、『なた豆塩はみがきプラス』に替えて大丈夫かなぁって心配もあったのですが、効果は今まで使ってたものより断然よかったです。
3か月に1回の定期歯科検診があったのですが、ドクターから歯茎の状態が良いですねって言われました。


ドクターお墨付きの『なた豆塩はみがきプラス』・・・なんてて言っちゃったらマズイのかなぁ。^^;
これからも使い続けたいと思います。

定期購入が20%OFFでお得なんですけど、初めて購入する人はもっとお得に買えちゃう『まとめ買い』がお勧めです。
3本セットで買うと、30%引きだからです。









PageTop

健康な歯と美白を同時に育む「口内環境改善エイジングケア」をオーラパール

4月23日にご紹介した歯磨き剤です。

     薬用ハミガキ ハイドロキシアパタイト

使い初めて2週間以上が経ったので、経過報告をしますね。


1日3回、食後に歯磨きをしていますが、歯の色が白っぽくなってきました。

私の歯は、着色汚れだけでは無いので時間が掛かったみたいですけど、使い始めから比べるととても明るくなりましたよ
これは、歯に出来たミクロの傷が修復されてきたって事なんでしょうね。

これを使う前には、スースーミントと強い塩味のある歯磨きを使ってたので、オーラパールの使用感が円やか過ぎて物足りなさを感じてたんですが、慣れて来たらとスースーや塩っぽさに頼らなくても、とてもスッキリしてるのを感じています。

歯もツルツルしてるし、歯磨き剤を替えると歯茎が腫れてきちゃう私なのですが、オーラパールに替えてからも1度も腫れてくることが無いです。

口の中が元気になったって感じています。

今まで長年、『歯茎の腫れに』って書いてある歯磨き剤を使てても、体調によっては歯茎が疼いて辛い時もあったのに。


体の健康にもかかわってると言う口の健康ですが、虫歯とか口臭とか歯茎の腫れとか、単独で今まで考えていましたがトータルケアをして、『口の中を健康にする』って事の大事さを感じてきています。

ハッキリ言って、歯磨き剤にしては高価だなぁって思いますが、化粧品にはもっと高価な物を使ったりする訳で、口の健康にもお金をかけても良いんじゃないかって思えた製品でした。


製品についての詳しい情報は、4月23日の記事に書いてありますので『コチラ👈 をクリックして見てくださいね。



    









PageTop

健康な歯と美白を同時に育む「口内環境改善エイジングケア」をオーラパールで。

風邪には「ジキニン」で知られている、製薬会社「全薬工業」が長年の研究により開発した通販限定、薬用歯磨き粉「薬用オーラパール」を試してみました。

         薬用ハミガキ ハイドロキシアパタイト

私は、歯肉炎になり易いので、歯肉炎予防の歯磨きを使って、毎日10分以上かけて隅々まで磨いています。

でも歯の黄ばみは取れ無いので、差し歯と自分の歯との色の違いが目立って来て、着色汚れを取るという歯磨きを使ったりもしましたが、そうすると歯茎が疼いてきちゃうんですよぉ。

歯茎の健康を取るか着色汚れを取るか・・・・どちらかって言ったら、やっぱり歯茎が疼くのは嫌ですからね。
歯の色は我慢していました。

でもこの『薬用オーラパール』は、歯の黄ばみも歯周病も口臭までも面倒を見てくれるっていうので購入したんです。

やっぱり歯の色が汚いと、とっても不潔に見えちゃいますからね。

歯の色が変色する理由は色々ありますが、主に・・・・
食べた物の汚れ
カフェインやタバコなどの着色
歯の表面のエナメル質に出来た傷   があげられます。

最初の2つは良く知っていて、丁寧に歯磨きしたり歯磨き剤を選んで対処できますよね。

でもエナメル質に出来た傷って言うのは、知りませんでした。

傷が出来る原因には、力を入れて硬い歯ブラシでゴシゴシ磨いたり、果物などの酸を含んだ物を食べることによって、エナメル質が溶ける・・・などもあります。

この歯の傷を治す『審美歯科』というものもありますが、自宅でもケアができるんですよぉ。


エナメル質の97%はハイドロキシアパタイトという成分で構成されています。
ハイドロキシアパタイトを、汚れや着色成分を除去した歯に毎日与える事によってミクロサイズの傷を修復することが可能なんです。

『薬用オーラパール』には、ハイドロキシアパタイトが配合されてます。

エナメル質の修復をするには、ハイドロキシアパタイトを与える前に、しっかりと汚れを落としておかなければなりません。
『薬用オーラパール』は、汚れを落とす効果もしっかりあります。


『薬用オーラパール』の主な配合成分
①薬用ハイドロキシアパタイト
  歯の再石灰化を促進
②塩化ナトリウム
  歯茎を引き締め、出血を抑える。
③マクロゴール400
  汚れを溶解し黄ばみを除去する
④イソプロピルメチルフェノール
  殺菌成分
  歯肉炎の原因になる菌を殺菌する。
⑤グルチルリチンサン
  抗炎症・抗アレルギー作用で、歯肉炎を予防する
⑥多孔質ゼオライト
  汚れを吸着し、歯石の沈着を防ぎ、虫歯を予防する。
⑦塩化リゾチーム
  止血・消炎・溶菌作用があり、歯周病を予防する。
⑧εーアミノカプロン酸
  抗炎症作用
⑨塩化セチルピリジウム
  歯肉炎の原因になる菌を殺菌

これら9つの有効成分が、歯を白く健康な状態に導きます。


こう書いて来ると、味は薬みたいな感じかなぁって思いませんか。
私が以前使った薬用ハミガキの中には、まるで切り傷などにつける軟膏のような味の物がありました。

今回も恐る恐る口に入れてみましたよ。

  ハイドロキシアパタイト

冊子には、微かな塩味って書いてありましたが、普段から塩味のある歯磨きを使ってる私には、全く塩っぽさは感じませんでした。

優しくほのかにフルーティーな香りって言うのか味って言うのかがしました。
なんか子供用の歯磨きみたいって思いましたね。
でも甘みは無いですよ。

発泡感もあまり強くは無かったので、ゆっくりじっくりと磨く事ができました。

塩っ気がありミントでスースーする歯磨きを使い慣れてる私には、歯磨き後のさっぱり感は物足りなかったですね。
でも歯はツルツルになりましたよ。
そして、歯磨き後のさっぱり感が時間が経っても続いていました。

ずーと喋らないで口を閉じていた後って、なんか口の中が変な感じや口臭がするような感じだったんだけど、そう言うことも無くなりましたねぇ。


ちょっと炎症を起こしていた歯茎は、歯磨き剤が沁みる事も無く「そう言えば痛くないわぁ」って感じにまでなってます。

この歯磨きと一緒に、こんな物が入ってました。

  ハイドロキシアパタイト⑤

『薬用オーラパール』を使い始める前の自分の歯の色の所にチェックを入れておいて、数日後にまた比べて見てどれくらい白くなってるかを実感するためのプレートです。

どれだけ左側に寄れるか判らないけど、続けて行く励みになりますね。(^^)
  

そうそう
お得情報を書き忘れていました。(^^;)

定期購入をすると、初回には電動歯ブラシが貰えちゃいます。
電動歯ブラシもらっても、替えのブラシって自分で買うと意外と高いですよね。

それが、2回目からは替えブラシ2個も届くんですよぉ。
定期購入の間隔が2か月おきで、商品と一緒に替えブラシも届くなんて、嬉しいですよねぇ~。

    








PageTop