コスメ試してみました

自分で試したコスメの情報を口コミします。

目の健康に、新しい成分『ルテイン』

NHKのためしてガッテンでも取り上げられた、マリーゴールドの花から抽出した成分「ルテイン」が配合された目の為のゼリー【朝のルテイン&プラセンタ】


      朝のルテイン 
     ひとみの専門店様ご提供



目のぼんやり = ブルーベリー  って、誰でも知ってる事ですよね。
でも、これからは『ルテイン』が主流になるかも知れませんよぉ。


『ルテイン』とは

強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。
カロテノイドとは、自然界に最も広く分布している色素群で600 種類を超えると言われています。
有名なところでは、β-カロテンがあります。(私が学生の頃は、カロチン と教わりましたが)

ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。
人間の体内器官や皮膚にも存在します。
特に外界からの光を受けとめるレンズの働きをしている目の水晶体と、その真後ろの網膜の中心部に位置する黄斑部に存在する主要なカロテノイドはルテイン(Lutein)とゼアキサンチンです。
なので、目が正常に機能するために重要な働きを果たしているのです。




目の健康に大事なルテインですが、年齢と共に減少し50歳では若い頃の半分にまで減ってしまうんですよ。
すると、老眼になったり白内障になったり・・・・・
ボンヤリ、ショボショボ と表現される症状が出てくるのです。

ところが、最近では若い人も白内障になる人が多いそうです。
それは『ブルーライト』

青い光は、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達しちゃいます。
他の光に比べて強いエネルギーを持っていて、目へのダメージが大きいのです。
パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。
最近はゲームやパソコンで、青い光を目に受けることが多くなってるので、若い人でも40代や50代と同じような症状が出る人が増えたんですね。


では、目に良いルテインは1日にどれくらい摂ったら良いのでしょうか。
その量は、1日に6㎎以上だそうです。

ちなみに、野菜の中でもルテインの含有量が特に多いほうれん草100gに含まれるルテイン量は、10.2㎎です。
ところがルテインは、脂溶性成分なので油と一緒に料理するなどしないと、体内への吸収率はすごく下がってしまいます


【朝のルテイン&プラセンタ】 に含まれている『特許製法天然ルテイン』は、推奨量の6倍以上の40㎎です。
そして、プラセンタエキスも6000㎎も含有してるので、効果もしっかり期待できるのです。




【朝のルテイン&プラセンタ】 は、ゼリータイプです。

             朝のルテイン②

ゼリータイプのルテインは、『ひとみの専門店』だけなんですよ。
粒状のサプリメントは、薬みたいで嫌だって思ってる方などには良いですね。

味は、マンゴー風味です。
着色料・保存料・人口甘味料は一切使用してなくて、これだけの濃い色と味・香りがあるんですよ。
ハッキリ言って、美味しいです。


私は近視で老眼なので、ピントが合う場所がありません。
老眼鏡をかけなければ、ほとんど文字は読めません。
だから、『5日間で実感できる』というモニターセットでは、ハッキリした見え方の変化は実感できませんでした。
ただ、慢性的な目の疲れは取れたように感じます。

今まで色々なものを試したけど変化が無かった目。
今度は、ルテインを続ける事で変化を実感したいです。




         







関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する