コスメ試してみました

自分で試したコスメの情報を口コミします。

『肌にすぅ~~と吸い込まれる』日本酒酵母×乳酸菌で保湿スキンケア『pour moi(プモア)』のトライアルセット

2週間前に、同じ『プモア』のミルキーローションをご紹介したので覚えてる方もいらっしゃると思いますが、ご覧頂いて無い方は『コチラ』☜をクリックしてくださると、その記事に飛びます。

肌にすぅ~~と吸い込まれる』っていうのがなぜか・・・などは、前の記事に書いたのでここでは省略させて頂きます。

ミルキーローションを使って、と~~っても気に入ったので、クリームも是非使ってみたいって思いました。


         プモアトライアルセット
日本盛株式会社様より


待ってましたよ、クリームさん。
あなたは、どんな姿をしてますかぁ。

楽しみに蓋を開けてみると・・・・・

        プモアトライアルセット②

想像通りの、柔らかくてとっても滑らかなクリームでした。

これをクリームと言うのならジェルとの違いはいったい何なの って思うほどの、軽くて滑らかでフワフワした気持ち良いクリームだったんですよ。



ここで気になったので、ジェルとクリームの違いは何かを調べてみました。

ジェル=肌に水分を与える物
クリーム=肌に油分を与える物

油分の量は、ジェル⇒乳液⇒クリームの順に多くなる


こんな風に出てきましたが、どうやら基準は曖昧でメーカーによって様々だそうです。
最近は、イメージで名前を付けてる物もあるとか。

私は、硬さで呼び名が変わるのかと思ってました。



では、話をプモアのクリームに戻します。

プモアのクリームは、上にも書いたように見た目や感触はジェルって感じなんです。
トライアルセットの冊子に書いてあったのは、『肌につけるとオイルを放出。バリアを形成し長時間肌を守ります』 でした。

あ~、だから見た目や感触がジェルみたいって思うのは、当たり前のことだったんですね。


ジェルって言ってるけど、ジェルほどのプルプル感は無いんですよ。
乳液に近い柔らかさなんです。

だから肌に伸ばす時も、す~~って・・・・・本当にす~~~って言葉が1番ピッタリだなぁって思うくらい滑らかに伸びて、肌に吸い込まれていっちゃうんですよ。

これで本当に肌の表面に膜が出来てるのかなぁって疑ってしまうくらいの吸い込み方なんです。
でも、時間が経っても乾燥してこないで、つるつるスベスベの気持ち良い肌を保ってたので、放出されたオイルがしっかり働いてるってことでしょうね。


数種類のエッセンシャルオイルを使っていて、アロマの香りでリラックスするって書いてあるのですが、私にはあまり香りを感じません。
花粉の季節に入ってきたから、匂いを嗅ぎ分けられなくなってるのかなぁ
ローズ・ラベンダー・グレープフルーツなんて結構強そうなイメージだけど、合成香料じゃ無いからプンプン匂う事が無いのかも知れないですね。
私としては、もう少し強く香っても良かったなぁなんて思っちゃいますけどね。
アロマの香りは大好きだから。


結果、クリームを使って見てさらに『プモア』が好きになった私でした。


これからしばらくは、私の天敵のスギ花粉が猛威を振るいます。
スギ花粉は、肌の毛穴にもついて肌が痒くなったりヒリヒリしたりのトラブルを起こします。

このプモアのセットで、毛穴も開かないたっぷり潤い肌になっていれば、ベタ付かない肌で花粉が付き難くなってれば、肌トラブルも少なくて済むかなぁって密かに期待をしちゃってます。





       



関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する