コスメ試してみました

自分で試したコスメの情報を口コミします。

話題の美容成分“卵殻膜”を東京大学と共同研究し配合したクレンジング『チェルラー パーフェクト クレンジングジェル』



      『美容への第一歩』 『美肌への近道』 それは、洗顔をきわめることです。


チェルーラ パーフェクトクレンジングジェル
株式会社アルマード様からご提供


以前にもご紹介したことがある『チェルラー パーフェクト クレンジングジェル』ですが、私のお気に入りなのでまたまたご紹介しちゃいますよ。

初めてご紹介した時より、更に進化してるんですよ。


★進化ポイント①
美容成分『卵殻膜』を2倍に増量
ハリ・弾力・潤いがアップしました。

★進化ポイント②
9種類のエッセンシャルオイル追加配合。
潤い・キメ・ツヤ・なめらかな肌に導きます。
img_S0046_1.jpg


★進化ポイント③
注目の美容成分「リンゴ幹細胞エキス」を追加配合。
洗うたびに、エイジングケア! 
ハリ・弾力・潤い・キメの整った肌に導きます。



簡単便利な1本で4役。
ダブル洗顔不要ってところは以前と変わり無く、メイク落とし・洗顔・毛穴の黒ずみ除去・角質ケアが、この1本で出来て、時短なのにしっかりお手入れが出来ます。

肌への優しさも変わり無く。
3室ダブルイン型電解水という特別な水のチカラで、汚れを浮かせて落とすので、ゴシゴシ擦る必要も無く不要な成分も入って無いから、肌に優しいんです。

電解水が油を乳化する実験です。
左が電解水で右が水道水です。
電解水の方は、注いでるだけで乳化されています。
電解水

だから、メイクも肌の汚れもスルスル~と落ちちゃうんです。

口紅も2~3回クルクルしただけで、ほらっ 溶けてます。

        index_201606300805567d6.jpg




卵殻膜』ってな~に
茹で卵を作ると、玉子と殻の間に膜がありますよね。
アレが卵殻膜です。

鳥は、卵で産まれるので親から栄養を与えられないですよね。
それでもヒナが菌やウィルスから守られて栄養を与え命を育むことが出来るのは、卵殻膜の力なんです。

卵殻膜



卵殻膜は、理想的な18種類のアミノ酸、コラーゲン。ヒアルロン酸を自然に含んでいます。

チェルラー パーフェクト クレンジングジェル③



アミノ酸の中でも、美肌に欠かせないのが『シスチン』です。
卵殻膜のシスチンは、他の食材とはくらべものにならないくらい、含有量は圧倒的に多いのです。

チェルラー パーフェクト クレンジングジェル④


このように卵殻膜は、ハリ・つや・弾力・透明感・潤い・キメ など、美肌に導く優等生なんですよ。

・・・・・・なんて書いているうちに、私は美容液の説明をしてたのかなって錯覚が起こってしまいました。

今日ご紹介してるのは、クレンジングですよぉ。

ここまで来ると、『美容液クレンジング』って呼んでも良いんじゃないかなぁって思っちゃいます。
洗っている時の香りがすっごく良くて癒されるし、メイクはスルスル落ちるのに洗い上がりはしっとりプルプルなんだもの。

私は朝晩の洗顔で使っていますが、肌がワントーン明るくなったように感じています。










関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する